公式テキストのご案内

  1. HOME
  2. 公式テキストのご案内

このテキストで感染の基本から実践まで学習できます

一般社団法人 医療福祉検定協会が発行する医療環境管理士公式テキスト、公式テキスト「別冊」で学習します。

医療現場で必要とされる、過去、現在、未来を見据えた感染知識及び現場教育を含んだ内容です。
・『実際の医療現場で発生した感染例、実際の医療現場で行われた感染予防の具体的な方法』
・『今の医療現場に必要な院内感染予防の具体的な方法』 など

最新の感染症法、練習問題、感染症別(1〜5類)の要点なども収録しています。
公式テキスト、公式テキスト「別冊」だけで感染の基本から実践まで学習できます。

医療環境管理士 公式テキスト、公式テキスト「別冊」
教材名 医療環境管理士
公式テキスト、
公式テキスト「別冊」
ページ数 公式テキスト253ページ
公式テキスト「別冊」163ページ
判型 B5判
価格 10,800円(税・送料込)
※2冊1セット

※公式テキストの複製(コピー)は禁止されています。
※テキストのデザインは予告なく変更する事がございます。

公式テキストの目次

※テキストの内容は予告なく変更する事がございます。

感染の基礎知識

【Ⅰ-1 感染と感染症】
1.感染とは
2.感染症とは
3.感染の成立とは
4.感染経路の種類
5.感染様式の種類

【Ⅰ-2 生物の基礎】
1.生物の分類
2.細胞構造による微生物の分類(真核生物と原核生物)
 ①生命体の分類
 ②病原体の種類
 ③病原体の可視化
 ④微生物の大きさ
 ⑤院内感染を起こす微生物
3.微生物学の歴史

【Ⅰ-3 細菌】
1.細菌の種類と形状
2.細菌の大きさ
3.細菌の構造
4.代謝・増殖・遺伝・変異
5.染色性
6.細菌と病気との関係
7.感染性胃腸炎の代表的な原因
8.重大な食中毒事件
 ①黄色ブドウ球菌
 ②腸管出血性大腸菌(O157)
 ③セレウス菌
 ④ウェルシュ菌(ガス壊疽菌)
 ⑤ボツリヌス菌

【Ⅰ-4 ウイルスとは】
1.ウイルスとは
2.ウイルスの形態・構造と分類
3.ウイルスの増殖
4.ウイルスの変異
5.ウイルスによるガンの発生
6.ウイルスの伝播
7.ウイルス感染の持続
8.呼吸器感染症ウイルス
9.動物由来感染症について

【Ⅰ-5 真菌】
1.真菌の特徴
2.真菌の形状(生活型)
3.真菌の増殖と生殖
4.真菌の内部構造
5.真菌の分類
6.真菌の主な疾患と治療法

感染症予防と対策 【Ⅱ-1 感染症予防と対策】
感染症対策の重要性

【Ⅱ-2 感染対策情報 】

【Ⅱ-3実践事例(医療環境感染対策)】
1.感染防止対策のための組織
2.ICTラウンド
  ①ICTラウンド時における各職種の活動
  ②ICTラウンドでのケース紹介
3.コンサルテーション
 ①結核菌
 ②水痘
 ③HTLV
 ④ムンプス
4.アウトブレイク
 ①EKC(流行性角結膜炎)
 ②Burkholderia cepacia
5.サーベイランス
 ①医療器具関連サーベイランスの種類と選択及び実施のポイント
 ②SSIサーベイランスの術式の選定と実施時のポイント
 ③BSIサーベイランスの診断基準
 ④感染率と使用比の計算
 ⑤サーベイランス結果
 (医療器具関連サーベイランス・SSIサーベイランスなど)を
  報告する際の内容例、注意点
6.教育
7.実践事例 感染対策の現場で発生している誤った対策例と推奨方法
8.職業感染
 ①針刺し事故発生
 ②職員の抗体検査とワクチン接種
 ③安全器具の導入
 ④事故の実態調査
 ⑤廃棄物の管理
感染・環境管理 【Ⅲ-1 感染管理】
1.病院環境整備について
 ①環境整備の基本とは
 ②清掃する意義
 ③院内感染の定義
2.環境整備の意義と目的
 ①モップ作業における床の清掃の具体的な方法として
 ②標準予防策(スタンダードプリコーション)について
 ③接触感染予防策
 ④空気感染予防策
 ⑤飛沫感染予防策
3.日常清掃の具体事例
 ①清掃業務の標準作業書(マニュアル)の記載事項
 ②カーペットの清掃
 ③定期清掃
 ④医療施設における重要な実務課題

【Ⅲ-2 院内感染予防マニュアルの必要性】
マニュアル作成上の考え方
 ①マニュアルの作成手順
 ②マニュアル作成
 ③マニュアル作成指針
 −感染対策について−
 −接触感染予防策について−
 −結核等の空気感染について−
 −インフルエンザ等の飛沫感染について−
 −ノロウイルスによる感染性胃腸炎について−

公式テキスト「別冊」の目次

※テキストの内容は予告なく変更する事がございます。

関係法規 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
廃棄物の処理及び清掃に関する法律(抜粋)
感染症
別要点
1.全ての医師が、全ての患者の発生について届出を行う感染
一類感染症
二類感染症
三類感染症
四類感染症
五類感染症の一部(侵襲性髄膜炎菌感染症及び麻しんは直ちに届出
その他の感染症は7日以内に(風しんはできるだけ早く)届出)

2.指定した医療機関が、患者の発生について届出を行う感染症
五類感染症・小児科定点医療機関(週単位で届出)
五類感染症・インフルエンザ・基幹定点医療機関(週単位で届出)
五類感染症・眼科定点医療機関(週単位で届出)
五類感染症・性感染症定点医療機関(月単位で届出)
五類感染症・基幹定点医療機関(週単位で届出)
五類感染症・基幹定点医療機関(月単位で届出)

テキストサンプル

サンプル
サンプル
サンプル
サンプル
  • 医療福祉環境アドバイザー(医療福祉検定)