検定実施要項

HOME > 検定実施要項

「医療現場で必要な感染予防・対策の知識」を問う試験です

検定概要

受験資格 制限はありません。どなたでも受験できます。
実施回数 年2〜4回
試験時間 10:00〜12:00(2時間)
受験料 21,600円
出題形式 選択式100問、記述式3問
出題範囲 当協会が発行するテキストとそれを理解した上での応用力を問います。
筆記試験
合格基準
150点満点(選択式100点/記述式50点)の7割前後
※試験問題の難易度によって合格点の変動があります。
医療環境管理士認定基準 筆記試験合格、認定講習会参加修了(筆記試験合格の翌年末まで)
【注】筆記試験合格の有効期限
筆記試験合格の翌年末までに認定講習会(講義、グループワーク)を
必ず1回受講してください。
翌年末を過ぎた場合、筆記試験合格が無効になります。

試験日程

試験日 申込・入金受付期間 受験地
第32回 2016年8月21日(日) 2016年4月18日(月)〜2016年7月22日(金) 大阪・福岡
第33回 2016年11月13日(日) 2016年6月27日(月)〜2016年10月14日(金) 東京・大阪

受験票の発送は、受験お申込み及びご入金確認後、試験日の約3週間前です。

合否の発送は、試験日から1ヶ月以内です。

会場の場所は、「東京:東京駅周辺」、「大阪:大阪駅周辺」、「福岡:博多駅周辺」を予定しています。 都合により会場の場所は変更になる場合がございます。詳細は受験票に記載させていただきます。

受験に関する注意事項

試験前

申込書郵送時の注意点
  • 郵送で提出する申込書は、全て黒色のボールペンでご記入ください。
  • 申込書を郵送する場合は、封筒に切手を貼り付けてください。※切手を貼り忘れた封筒は受理致しかねます。
妊婦の方・車いすなどで受験を希望される場合
  • 必ず受験申込時にお申し出ください。※お申し出いただけない場合、ご希望に沿えない場合がございます。
受験票発送
  • 試験日の約3週間前に発送いたします。(お申込とお振込の両方をお済ませください。)
  • 受験申込締切後は、受験会場の変更には応じられません。
  • 受験申込後に氏名・住所変更された場合は、必ずお申し出ください。
    ※お申し出いただけない場合は、受験できない場合があります。
  • 試験日7日前になっても、受験票が届かない場合はご連絡ください。
    ※ご連絡いただけない場合、受験票未着を理由としたキャンセル・延期などは応じられません。
    また、受験できなかった責任は負いかねます。
  • 試験日以降は、受験票未着に関するお問合せには応じられません。

試験当日

試験日の携行品
  • 受験票
  • 身分証明書
    (運転免許証、健康保険証、学生証、社員証、パスポート等、原則として第三者機関発行で氏名・生年月日が揃って確認できるもの)※上記をお持ちでない場合、受験申込締切日までにご連絡ください。
  • HBの黒鉛筆、消しゴム
    ※シャープペンシル、ボールペン、万年筆などは不可
試験会場へのアクセス
  • 試験会場に駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
    ※公共交通機関の運行状況により、到着時間は変動いたします。
  • お子様を連れての受験には危機管理上、対応致しかねます。
    付き添い者の控室は用意していません。
  • 試験会場には、受験するご本人のみ入室できます。
試験会場の注意事項
  • 試験会場に座席割表を貼り出しますので、受験番号をご確認ください。
  • 机の上に受験番号、氏名が記載された座席票があります。
  • 試験開始10分前に試験説明を行います。
    途中退出はできませんので、お手洗い・ご用件は試験説明前にお済ませください。
  • マスクが必要な場合は、咳エチケットの一環としてご持参ください。
  • 冷暖房などの室温変化に対応できる服装でご来場ください。
  • 試験会場では、飲食(ガム・あめなども含む)や喫煙は禁止しています。
  • 受験者同士のトラブルについては何ら責任を負いません。
  • 試験会場では、監督官の指示に従ってください。
  • いかなる理由にかかわらず、試験開始後30分を経過しての入室はできません。
    ※欠席となり、延期や返金には一切応じられません。
  • 試験会場(建物含む)では、録画、録音、写真撮影などの行為を禁じます。
  • 試験の進行は会場の時計で行います。
解答用紙記入の注意事項
  • 解答用紙は、表面がマークシート、裏面が記述です。
  • 選択式問題の解答は、解答用紙の「マーク例」に従って、正しくマークしてください。
  • HBの黒鉛筆以外のものを使用してマークした、マークが薄い、一部分しかマークしていない、訂正した箇所のマークがきれいに消えていない場合は、解答が読み取れない、または正しく採点されないことがあります。
  • 記述式の解答は、枠内に記述してください。
試験中の注意事項
  • 机の上は、HBの黒鉛筆、消しゴムのみ置くことをできます。
    上記以外に所持品を置いたり、使用することを禁じます。
  • 試験終了後の退室アナウンスがあるまで退室できません。
  • 体調が悪くなった場合は、手を高く挙げて監督官に声をかけてください。
  • 帽子・サングラスなどの着用は禁止しています。
  • 電子機器類(携帯電話、スマートフォン、腕時計型端末(腕時計は可)、ICレコーダーなど)は使用できません。試験開始前に電源を切ってかばんなどにしまってください。
  • 次に該当する行為をした受験者は、その場で退場していただきます。
    また、答案の採点はせず、受験料の返金や今後の受験も認められません。
    ・監督官の指示に従わない行為
    ・試験中に助言を与える、または受ける行為
    ・試験会場の室内で録画、録音、写真撮影、複写などにあたる行為
    ・他の人になりすまして受験する行為
    ・暴力行為、器物破損など試験に対する妨害行為
    ・その他の不正行為
  • 問題用紙は、試験が終了するまで試験会場から持ち出すことはできません。
  • 問題用紙や解答用紙を会場外に持ち出した場合は、不正行為となります。
  • 試験途中で問題用紙を持ち出した場合は、不正行為となります。
    問題用紙は退室アナウンス後に持ち帰ることができます。
  • 解答用紙、座席票はすべて回収いたします。
その他
  • 不測の事態(自然災害、公共交通機関の混乱)などの事情により試験を中止または試験開始時刻を変更する場合があります。なお、中止や開始時刻変更に伴う受験者の不便、費用、その他の個人的損害などについては何ら責任を負いません。
  • 試験当日に欠席された場合は、受験料の返金・払戻しなどには応じられません。
    ※欠席された場合は、合否通知書などを発送いたしません。

試験日以降

注意事項
  • 試験終了後に不正や試験問題の漏えいが発覚した場合は、失格または合格の取り消し措置を講じます。
  • 試験問題の全部もしくは一部またはそれらの概要を不特定または多数の者が閲覧・視聴可能な状態にする行為を禁じます。
  • 受験者の答案は一切開示いたしません。
  • 採点内容、採点基準、合格点、合否結果などに関するお問合せには一切お答えできません。
筆記試験の合否発送
  • 試験日より1ヶ月以内に発送いたします。
  • 試験日以降に氏名・住所変更された場合は、必ずお申し出ください。
    ※お申し出いただけない場合は、合否通知が届かない場合があります。
筆記試験合格の有効期限
  • 筆記試験合格の翌年末までに認定講習会(講義、グループワーク)を必ず1回受講してください。
    ※翌年末を過ぎた場合、筆記試験合格が無効になります。
  • 医療福祉環境アドバイザー(医療福祉検定)